■プロフィール

seinoakikoenglish

Author:seinoakikoenglish
東京で7年、松本で12年英語を
おしえています。
「現代版寺子屋」スタイル。
3児の母の私とママも一緒に
Let's enjoy learning English!

清野明子英語教室
松本市沢村3-2-3
TEL/FAX 0263-32-1941
E-mail: seinoakiko0208@gmail.com

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2017年Halloween学習発表会 原稿第1号届きました!
Happy Summer Holidays!(よい夏休みを!)・・・というより、
信州ではI hope you HAD Happy summer Holidays!ですね。
信州っ子たちはまもなく新学期です。
みなさんよい夏休みをお過ごし中、お過ごしだったことと思います。

前回、ブログ更新を宣言してから、またもやこんなに(半年!)経ってしまい申し訳ありません!
またもや教室での数々のKodak Momentsを綴りそびれてしまいました。
また少しずつ振り返って、綴らせていただきます。

夏休みが終わると、まもなくHalloween学習発表会がやってきます。
教室では、毎年10月末に公民館にてHalloween学習発表会を行っていましたが、
昨年は産後間もなかったため、教室での「ミニクリスマス発表会&ミニパーティ@土間スペース」に変更させていただきました。ミニ発表会は各クラスごと、または2クラス合同のミニ発表会で一人ひとりの持ち時間を長くすることができ、じっくり発表してもらうことができた点、よかったと思います。
パーティも仲良しのクラス仲間と和気あいあい、美味しいごちそうを囲んで楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

今年は10月21日土曜日に、公民館にて例年通り全クラス合同の学習発表会を予定しています。
(28日土曜日が第一候補日でしたが、次の日(29日)が附属中学校の入学試験日なため、
21日土曜日に変更予定です。また決定してお知らせいたします)

これから2ヶ月、生徒のみなさん、保護者のみなさんと、発表する内容についてのやりとりが始まります。
今年のうれしい原稿第1号!が届きましたので、お知らせいたします。

小学4年生と6年生姉妹(R-chan&R-chan)による「つばめの成長記録!!」です。
二人のお家の軒先に巣を作っていったつばめのお話しです。
なぜツバメちゃんがR-chan姉妹のお家を選んだのか納得!というあたたかなお家です。
一昨日、早速に原稿を書いてもってきてくれました。(うれしい!!!!)
ツバメの巣は「わら」「土」「羽」でできているそうです。(我が家でも巣づくりしてほしい!)
できるだけ私がすべて英訳する形ではなく、生徒のみなさんに調べたり考えたりして英語を学んでもらえるようにしたいと思っています。
まずは"Three Little Pigs"の絵本から「わら」の英語を探してもらい、、
「土」「羽」は、Rちゃんの辞書で探してもらいました。
「玄関」も、entranceよりも、Rちゃんの辞書にのっていた”front door”を使うことにしました。
これから、日本語の原稿を英語にしていき、ふくらませたり、わかりやすくしたり、ブラッシュアップしていきます。

毎年、歌あり踊りあり、発見、学びあり、笑いあり涙ありの発表会です。
今年も参加されるみなさんがいきいきと参加者の心を動かす発表ができるよう、
応援させていただきます。

メールで、faxで、レッスンで、発表したい内容についてのやりとりを開始させてください!
どうぞよろしくお願いいたします!

See you later, alligator!


スポンサーサイト
未分類 | 18:21:12 | コメント(0)
blog再開します!
Long time no see! No news is good news!?
blogの更新が一年ぶり!になってしまい申し訳ありません。
blogを立ち上げて(もらって)から、第三子を妊娠、出産、仕事再開と一年経ってしまいました。
おかげさまの毎日を過ごしております。ありがとうございます。
日々のレッスンでは、前にもお伝えした通り、Kodak Moments (心に、写真に残しておきたいような瞬間、出来事)がたくさん起こります。それを一年分もためてしまったのです。これから、またちょこちょことみなさんとシェアさせて頂きたいと思っています。どうぞお付き合い下さい。

さて、こちらも一年過ぎましたが、住居兼教室を設計して下さったのは「源池設計室」の轟真也さん、轟洋子さんです。私たちの家族のことはもちろん、生徒のみなさん、保護者のみなさんにとって過ごしやすい空間を常に考えてくれました。今でも引き続き、教室のロゴ、スティッカー(貸し出し絵本にこれから貼っていきます!)、そしてこのblogの立ち上げ(そして見守り・・)、と何から何までお世話になっています。今日は、とっても素敵な教室の看板の案をもって来てくださいました。春には玄関先に登場します!楽しみです。

以前は教室の名前を「英語教室BRIGHT」としていました。brightは、私の名前の明子にも由来し、「明るい」という意味です。教室のロゴにも”Brighten your future”と入れました。これからもBrighten your future!をモットーに、ご縁のあった生徒のみなさんの毎日、未来を明るくするお手伝いをさせていただきたいと思っています。Well, actually, YOU brighten MY days and future. Thank you!

それでは Bye for now. See you soon!


英語教室 | 14:34:14 | コメント(1)
英語日記おすすめです!
Hello!
火曜日の小1〜小5クラスで今ブームとなっている「英語日記」について今日はお話ししたいと思います。

生徒のみなさんにおすすめしているのがアルク社「みんなのえいご日記ドリル」(石原真弓監修)です。                   

英語日記ドリル



日本の子どもたちの発想をどうシンプルに英語らしく表現するかを学べます。
例文をうまくつなぎあわせるだけでなんとなくそれらしい形になってしまうので、
一日2行のトレーニングで!となっていますが、教室の子どもたちには
4行以上は書いてね、それから「具体的にね」と言っています。

具体的に、、というのがポイントです。

大学時代、留学生のアメリカ人(なんと後にとっても有名になりNHKなどでも活躍している
Steve Soresi!) に時々大学院の出願エッセイなどをみてもらっていました。Steveから
「日本人はよく「ためになった」「いい経験になりました」とか言うけど、それではよくわからない」、
とのアドバイスを受け今でもその時の話を生徒にすることがあります。
Be specific!(具体的に!)どうよかったのか、「何」をしたのか、「何」を見たのかを
「具体的に」書くことが英語のライティングでは重要とされます。
大学院の授業でもそれを繰り返し教授から言われました。

でも、、まず、日本の子どもたちが「英語で日記を書く」ためには、
どんな風に書いたらいいか、書けるのかを学ぶ必要があります。
でないと、、
“watashiwakinoueiganiikimashita omoshirokatta” になってしまったり
(↑それも一生懸命書いてくれるのです!)

“I ○○ chocolate gave” になってしまうのです!
(↑チョコを○○にあげた、と言いたい!)
英語は語順がまず大きく違うので、頭・心に思い浮かんだまま
単語を並べていくとうまくいきません。

今日は、そんなHow to write English diary(英語日記の書き方)を学びながら、
生き生きと日々の出来事を、なんと毎日!欠かさず
英語で書き続けてくれている二人の作品をご紹介させてください。


★N-chan(小4)
(梓川から通って来てくれています!毎日いろいろなテーマでいきいきとわかりやすく綴ってくれています)
 ※とてもきれいな字で上手に書けているので実物をお見せ出来ず残念です。
Date:Sunday, February 28
Weather:sunny
I went to “Alps Town”, again.
I worked at “Oyaki shop” and “Cafe Alps.”
I bought Oyaki, books, sweets and earrings.
I did “health check.”
I enjoyed two days very much.
It was like a dream.
I got a little tired but the time goes too fast.

※一昨日の火曜日、何人かの生徒がこのイベントについて話しをしてくれました。
松本版のキッザニアみたいなイベントがあり、お仕事したりお給料をもらって
自分で考えて使ったり、そこから税金を納めたり、、という内容だったようで
4年生から参加できるとのことで一年待ちに待っての参加だったそうです。
なんとN-chan火曜日のレッスンはイヤリングをつけて登場!
「これ(イヤリングを指して)とか全部日記に書いてあるから読んで!」とのことでした。
 なるほど!二日間参加したみたいで、盛りだくさんのイベントについて詳しく
 書いてくれてありました。I’m glad you had such a fun time, N-chan!

★R-chan(小4)
 (仲良し家族との楽しい日々をいきいきとわくわくした気持ちいっぱいで綴ってくれています)

※かわいいイラストやつぶやきも入った楽しい英語日記です。お見せできず残念。
「今年は申年そして申をみた〜☆」との見出しあり
 Date: Thursday, February11
 Weather:sunny(warm)
 I went skiing with my family.
 I saw a monkey there.(ウッキー!ウッキー!)
 It was exciting.
 I enjoyed it very much.

 Date:Thursday, January 28
 Weather: sunny(cold)
 I got a perfect score on the exam.
 I was happy.♥
 It was like a dream. It was a big surprise.
 I felt fantastic.
 I was praised. How lucky!
※読み手もわくわくうきうきしてくる日記です。I’m always excited and happy for you, R-chan!


まだ英語日記を始めていないみなさん、春休みスタートをおすすめします!
英語日記用のかわいい英語ノート贈呈いたします!
Happy English diary!

英語教室 | 09:35:47 | コメント(0)
"Have a nice weekend!"
Hello!
今週のレッスンもおかげさまで無事に終了しました。Thank you!

英語圏での金曜日のお決まりのあいさつは"Have a nice weekend!"です。
金曜日クラスのR-chan姉妹とK-chan、いつもニコニコ笑顔でレッスン終了後に、
Have a nice weekend〜!と言ってさよならしてくれます。
私が、"Thank you! You, too!" Take care!"とあわてて返すと、
またまた"You, too〜."と余裕で!くすくす笑って返してくれます。

本来なら、私側から子どもたちにHave a nice weekend!と声をかけるべき
なのに、レッスン後ばたばたとしていて、まともに週末に向けてのあいさつを
交わすことができないでいます。

英会話を習い始めの時は、答えるのに精一杯、というのがあるかと思います。
子どもたちがこういった素敵なやりとりをスタートしてくれるというのは
とってもすばらしいこと、幸せなことだと思っています。

Everyone, have a nice weekend!


追記

昨日のブログでお伝えした英検の変更事項ですが、英検のサイトで続報が出ていました。詳しくは、
英検サイト 2015年12月15 日付けの続報をご欄下さい。5級から導入されるスピーキングテストは3級の2次試験(面接)のような形ではなく、コンピューター端末を使った「スピーキング体験」ということです。

英語教室 | 21:51:24 | コメント(0)
英検が変わります!
Hello!
日々、保護者の方々からおそわることがたくさんあります。
今回の「英検が変わるらしいですね」、という情報もK-chan&H-chanママ
から聞いたのが最初です。ありがとうございました。


実施方法についての詳細は未定とのことですが、今まで英検3級以上から
2次試験(面接)があったのが、5級からスピーキングが導入され、近い将来、
3級から「ライティング」が導入されるとのことです。(2級は今年度第1回から開始)

普段のレッスンで私は"Display Questions"と言って、質問する側(つまり私)が
質問する前から「答えのわかっている質問」を繰り返しすることに抵抗があり、
名前や、年齢、住んでいるところなどをしつこくたずねることをしていません。
ですが! "How're you?" ときくと、"How're you!"と答えて、"No, no, how are you?"と
聞きかえすと、HOW ARE YOU!と答える生徒もいたりして、、、簡単なやりとりも
練習する必要があるなと感じています。子どもたちが、松本城で、どこかで、
外国の方にきかれた時に自信を持って感じよく!答えられるようにする責任が
私にはありますね。

3級、そして準2級のスピーキング(2次試験)となると、子どもたちに求められる
応答もレベルアップします。先日21日は2次試験があり、教室の2人の生徒が
準2級の面接に行ってきました。過去問や対策本の模範解答を何度も何度も繰り返し
練習して覚えて、正確に答えることができるS-kun(小4)、
そして、自由自在に、知っている英語で「言いたいことを言おう」とするM-chan(小6)。
それぞれにすばらしいと思いました。練習の時、
私が面接官だったら今の答えボーナスポイントあげちゃうよ!
というような生き生きとした応答がたくさんできていました。
結果も楽しみです。お疲れさまでした。お家でのサポート、
ありがとうございました。













英語教室 | 21:56:24 | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。